真黒ナスの近況

当園ではメインの作物である自家採種3年目になった真黒ナス、今年は380本をお世話しました。昨年悩まされ続けたモグラの被害はソルゴーや大雪で折れたトンネル支柱を使って柵を作ったのが功を奏したのかいまのところありません。昨年は80本ほど根っこをかじられ(ネズミかも)枯れてしまい大変でした。

9月22日ナス畑

 

秋晴れとナス畑。。。

 

今年は定植後の生育で変化がありました。例年を比べて元気良い苗、悪い苗の差がはっきりとしてきたのです。連作4年目で硬盤の上部にあたる土壌の腐食が減ってきて生育が良くないのか、または硬盤層が破壊されているところの苗が元気によいのか判断しかねるところですが。。。

梅雨に入ると硬盤層が雨水によってゆるんで根をさらに深く伸ばすことができるので生育が良くなかった苗も元気なりました。

10

09

 

本日うどんこ病になった実を見つけました。例年うどんこ病がナス畑全体に蔓延してナスの出荷が終了するのですが今年はちょっと早いですね。。。

秋茄子、実が締まって美味しいです。
あとしばらくお届けできるんでよろしくお願いします!

来年は水ナスも作付け予定してます!

 

群馬県高崎市(東に100メートル行くと前橋市)自然栽培のタンポポ農園


おすすめの本

関連記事