べが山東菜、丸葉小松菜出荷始まりました

すっかり秋晴れの陽気ですが、昨日気温が28度あったせいなのか葉物が急に大きくなりました。源助大根の大根葉に続き、自家採種1年目の早生丸葉小松菜とべが山東菜の出荷が始まりました。

べが山東菜

「べが」とは小さいという意味で、江戸から明治にかけて水路が発達していた江戸の町ではこのナッパを積んだ多くの小さい舟(べが舟)が見られたことからベガ菜と名づけられたそうです。
山東菜を若どりしたものでとても柔らかくおひたしはもちろんサラダでも美味しくいただけます。。

 

早生丸葉小松菜

自家採種1年目の早生丸葉小松菜です。
思ったより交雑が少なくてほっとしました。。
茎が細くてポキンと折れやすくので収穫時は気を使います。。これでは流通には出せませんね。
自分で種を探して栽培するしかめったに食べる機会はないと思います。
昔ながらのホンモノの小松菜です。よろしくお願いします。。

 

群馬県高崎市(東に100メートル行くと前橋市)自然栽培のタンポポ農園


おすすめの本

関連記事