種まき間に合わず。。。

今日は久しぶりに夕方から雨が降る予報だったので、葉物の種まきをしました。一昨日ササシグレを稲刈りし、昨日は遅くまで籾すり作業を。今日は朝から明るくなるのを待って片付け、昨夜組み立てた保管庫を蔵まで運び、お米を保管しました。雨が降る前に急いで先日刈り取った枯れ草を軽トラに積んで圃場から運び出す作業をし、ロータリーがけ、畝立て作業を終えたのが午後3時頃、雨がポチポチ降り始めてました。播種機をセットして、ルッコラと水菜を2畝蒔いて、雨が強くなり小松菜を蒔いている途中で種まきを中断しました。

ルッコラ種まき中

 

写真の赤い2輪車のようなものが播種機です。「種まきこんべい」といいます。ポビュラーな播種機でホームセンターでも見かけます。重宝していますが、このごんべい君種を運搬するベルトが外にむき出しなので、雨に濡れると種がベルトに着いてしまい、上手に地面に落ちてくれません。なので傘を差しながらの作業となりました。。

うちの圃場は元菜の花畑でうねを立てたら当日中に種を蒔かないと、土着した雑草が先に発芽し、生育が負けてしまいます。なので雨が降る前に種まきを終わらせたかったです。ロータリー掛けする直前にトラクターのTPOシャフトが外れていたというありえないことがあったりしましたが、雨降り前に済ませられなかったことは反省です。。

10月に入って、稲刈り時期に入り、遅れているニンニクの植え付けや秋冬野菜の種まき、除草など重なってしまった状況です。 11月まであと2週間、麦の播種など控えているのでなんとか遅れを取り戻したいです。

群馬県高崎市(東に100メートル行くと前橋市)自然栽培のタンポポ農園


おすすめの本
2012-10-17 | Posted in 2012年栽培日記No Comments » 

関連記事