亀戸大根の種まき / 四川児菜

冬至を過ぎて いよいよ本格的に寒くなってきました。トンネルの中で二葉だった葉物たちが霜に引っ張られて枯れてしまったものも多くありました。その中でも小松菜は寒さに強いですね。。枯れる傾向のベガ菜や青梗菜は 周年栽培可能といいますが、しっかり防寒してあげないと難しいと学びました。。。

子持タカナ

子持ちタカナをベタ掛けしました。(12月24日)
子持ちタカナは四川児菜(四川アーサイ)または博多蕾菜(つぼみな)と言うそうです。収穫は2月過ぎた頃なのに、葉が黄色くなってきていました。
寒さに強くない品種のようです。。群馬でできるかな??

 

今年最後の種まき亀戸大根

亀戸大根の種まきを済ませました。今年最後の種まきとなりました。

まだまだ手探り状態なのではっきりと判りませんが 収穫は3月過ぎた頃でしょうか。。そんな感じなので作数もひと畝のみです。。

 

群馬県高崎市(東に100メートル行くと前橋市)自然栽培のタンポポ農園


おすすめの本
2013-12-27 | Posted in 2013年栽培日記No Comments » 

関連記事