畑の片付け

いまやっている作業はもっぱら畑の片付けと除草作業です。いまのところ、人参や葉物野菜が収穫できていますので、その合間にせっせと作業をすすめていました。雨や雪が降ると地面がぬかるんだり、寒い日は霜が溶ける午後近くになるのを待って作業をすすめていましたが、まだまだ畑はマルチと草に覆われた状態です。それを3月いっぱいまでにはきれいに畑から取り除こうと思っています。

写真左に写っているオクラは抜きました。昨年のオクラさんは美味しいと好評でした。ありがとう。今年もよろしくです!

軽トラに乗っけている枝はオクラじゃなくつる性の雑草などです。雑草残渣を積み上げた山から生やしてしまって。。。軽トラ6杯分ほどありました。

 

ナス、トマト、ピーマンの株も取り除き終えました。根が深く伸びているかと思いましたが、そうでもなかった。。ということはまだ残肥が残っているのかな???
ナス、トマトの圃場は無肥料3年目に入るんで、今後は今まで以上に観察が必要です。

写真は真黒ナスです。腐らず枯れています。

元菜の花畑なので昨年一年は菜っ葉がよく生えてきて大変でした。

今年の除草作業は草刈機を使わず、手で引っこ抜けるものは根も引っこ抜いて畑から取り出すようにしています。一人でやる分には大変ですが、未熟な植物残渣を分解する微生物が活発に、そして増やさないように考えています。冬のあいだは寒いので彼らは動きませんし。

やることはいっぱいあります。

もうそろそろ2月に入りますので圃場の作業から台風で爆発したまんまのビニールハウスを元の状態にもどして育苗期間に入りたいと思っています。畑の片付けも並行してすすめていく感じなのかな。。

 

今圃場ではホトケノザが花を咲かせていました。

 

群馬県高崎市(東に100メートル行くと前橋市)自然栽培のタンポポ農園

 


おすすめの本
2013-01-21 | Posted in 2013年栽培日記No Comments » 

関連記事