ハウス育苗の状況です

ご無沙汰していました。
育苗と畑の除草作業などバタバタ過ごしています。
40数年ぶりという異常気象もあり、先行して定植したズッキーニが風に振られてしまい、かわいそうなことをしてしまったり、日々いろいろ反省しながらやってます。。

2月に種まきした真黒ナスがそろそろ定植を迎えそうです。
真黒ナスの苗

自家採種2年目200株、関野真黒ナス100株お世話しました。
昨年、4種のナスを同じ畑で育てたので交雑の可能性があり、今年は関野さんの種にもお世話になります。
自家採種、関野真黒ともに生育にばらつきがありましたので、潅水やポットに均一に土を詰めたかなど課題がありそうです。また、生育が遅い苗を中央に置いて、早い苗で囲むなど「ズラシ」の技術も早めの生育段階でしてみるのもいいかもしれなかったです。

 

マルグローベの苗

懇意にしていただいている、てるてる野園の臼井さんからマルグローベの種をいただきました。現在市場に出回っているF1(ハイブリッド種)の原種らしいので、自然栽培向きかもしれません。美味しかったら種取りして来年に繋げたいです。ピンク、白のポットがマルグローベです。奥に生育が先行しているのはメニーナ、妙紅です。

 

メニーナ(中玉トマト)と妙紅(大玉トマト)の苗です。
今のところ生育は順調です。トマト予定の畑は現在草ボウボウですが。。。(苦笑)
ともに購入種子で、昨年自家採種したメニーナの苗が20株ほどあります。しばらく自家採種メニーナからのトマトは販売を控え、メニーナはF1種なので固定するまで自家採種を続けたいと思っています。

近日には真黒ナスを定植します。
また近況をお知らせしますね。

ではまた~~(o・・o)/~

群馬県高崎市(東に100メートル行くと前橋市)自然栽培のタンポポ農園


おすすめの本
2013-04-24 | Posted in 2013年栽培日記No Comments » 

関連記事